2009年04月11日

住宅ローンの基礎知識(固定金利と変動金利)

緊急経済対策で住宅ローン減税も出てきたし


「そろそろ、住宅購入のチャンス到来?」


と考えている人も多いのではないでしょうか?


しかし、住宅ローンの基本について知らなければ

言われるがままにローン契約をして債務不履行!


な〜んてことになりかねませんので、

しっかりと勉強して事前準備しておくことが大切です。


今回は固定金利変動金利の違いについてです。


呼んで字のごとく固定金利は金利がローン契約時に固定されて住宅ローン返済までずーと住宅ローン金利が変わらないタイプの住宅ローンです。


金利が変わらないので当初計画した月々の支払額は変動しません


一方、変動金利は市場金利に連動して変動しますので月々の支払いがあるタイミングで変動します。金利が下がれば、支払額も下がるので問題ないですが、逆に金利が上がる場合は当初予定していた額より月々の支払い額が増えるので問題となります。


固定金利は月々の支払額が変わらない。


変動金利は月々の支払額が変わる。


ということだけ覚えていればとりあえず問題ないです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。